IMAGICA Lab. on note

株式会社IMAGICA Lab.の公式noteアカウントです。「映像」にまつわる技術や市場の話題について詳しく紹介していきます。映像制作に役立つ情報やTipsなどもシンプル&スピーディーに発信していきます。

Anywhere IMAGICA Lab.

「編集室」や「MA室」などのポストプロダクション作業も、撮影も通信技術の組み合わせで文字通り「どこでも」できる時代になりました。 映像制作を「空間」と「時間」の制約から解放するため、リモート作業のノウハウやTips、IMAGICA Lab.のサービスについてより詳しい情報をお届けします。

Anywhere IMAGICA Lab.
  • 8本
編集室のマスターモニターと比較して「ベストなOSとブラウザの組み合わせ」を探す。

編集室のマスターモニターと比較して「ベストなOSとブラウザの組み合わせ」を探す。

今回はリモートプレビューにおける色の問題として「そもそもマスモニとどれだけ違うの?」という観点から、リモートプレビューを行う「ベストなOSとブラウザの組み合わせ」を探してみました。 第1部では2つのブラウザの差についてRGBのピクセル値で説明しましたが、今回はマスターモニターにどれだけ近い表示ができているか?ということを、独自の「評価スコア」で採点しています。 同じ環境での見た目の差(3ブラウザ)前回同様にまずは、見た目でどのくらいの差があるのかを3種類のブラウザで確認し

スキ
3
ニューノーマルのオンラインライブやイベント、実際にはどうやれば?

ニューノーマルのオンラインライブやイベント、実際にはどうやれば?

二回目の緊急事態宣言が発令され、以前のようなリアルの接点を持つことがますます難しくなっています。必然的にインターネットのコミュニケーションツールを使ってオンラインイベントにシフトしようという流れが加速しています。 オンライン会議のツールを使えばPC一台でもスマホ一台でもコストをかけずに「オンラインイベント的」なことは可能です。 ただ、人数の制限や接続時間などの制約もあるので満足いく形には遠いでしょう。そもそもイベントとしてオーディエンスに楽しんでいただくにはクオリティも担保し

スキ
1
ブラウザによってどれくらい色が違うのかチェックしてみました。

ブラウザによってどれくらい色が違うのかチェックしてみました。

インターネット経由のリモート作業では、ブラウザ上で映像をチェックすることが多くなってきます。実はそのとき「ブラウザごとに色が違う」という現象がおきてしまいます。 映像のカラーマネジメントの世界で「そんなことがあっては困る」のですが、それをどうやって回避したりダメージをすくなくするかという工夫が、私たちの仕事のひとつです。 ところで、今この記事をご覧になっているのは、どんなブラウザでしょう?ひょっとするとスマートフォンかもしれませんね。(なのでここでは、あくまで相対的にわかる

スキ
3
ファイル管理のタスクを「襷(たすき)」でつなぐ。映像コンテンツの活用を簡単に!

ファイル管理のタスクを「襷(たすき)」でつなぐ。映像コンテンツの活用を簡単に!

「”OAサイズでMEなしMIXの音声チャンネルがある版”というマスター素材を探さねばならない!」といった難題が突如でてきてしまうのが映像コンテンツの二次流通に関わる仕事の特徴のひとつです。 それを探し出す仕事は、テープの山からそれと思しきテープを引っ張り出して箱を開け、記録表の記載を確かめ、そこに記載がなければ業務用VTRデッキで再生し、クレジット表記や実際の音声チャンネルを確認する、という作業になります。 仮にそれがすでにファイル化されていたとしても、HDDドライブとエ

スキ
5

Global IMAGICA Lab.

映像コンテンツの制作・流通の業界でも従来の物理メディアからファイルベースへの移行が進み、ますますグローバル化が加速しています。 このマガジンでは「Global IMAGICA Lab.」と題し、IMAGICA Lab.の国境を跨いだチャレンジや、海外グループ会社の活躍ぶりをお届けします。

Global IMAGICA Lab.
  • 2本
アジアの名作映画のデジタル修復事業~IMAGICA Lab.の挑戦!~

アジアの名作映画のデジタル修復事業~IMAGICA Lab.の挑戦!~

海外映画の修復の取り組み映画が誕生して120年以上の間に、世界では数々の名作映画が生まれてきました。近年では、政府や公共機関が主体となり、文化的・歴史的価値の高い映画のデジタル修復事業を行うケースが増えています。 IMAGICA Lab.は、世界でも有数の映画修復ラボとして、国内のみならず、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、ミャンマーを含む様々な地域の映画の修復や国際交流事業に携わってきました。 デジタル世界への移行に伴い、これまで生み出されてきたアナログの「フィルム」

スキ
14
映画の”全世界同時公開”の裏側で何が起きているのか想像したことがありますか?

映画の”全世界同時公開”の裏側で何が起きているのか想像したことがありますか?

全世界興収〇〇億ドルといった数字を叩きだすようなハリウッド大作映画について、いつの頃からかよく目にするようになった「全世界同時”公開”」というキャッチコピー。 日本国内ですら地方によっては公開時期が違っていた一昔前と比較すると相当な進歩ですよね。でも、こうしたコピーも、以前ほどのインパクトは薄れてきたように感じるのは、「全世界同時”配信”」が当たり前の時代になってきているからかもしれません。 ところで、公開または配信、どちらでも良いのですが、映画・TV番組・配信用オリジナ

スキ
10